給料ファクタリング 「ヤミ金の再来」被害急増 裁判なども

またしても朝日新聞に記事が出ていたのでご紹介いたします。

給料の前払いをうたい文句に事実上、現金を貸し付ける悪質な業者が横行している。法外な支払いを請求されて困った利用者の訴えが昨年以降、目立ち始めた。業者は企業向けの資金調達手法になぞらえて「給料ファクタリング」と称しているが、実態はヤミ金だとの指摘もあり、業者と利用者のトラブルが裁判に発展する例も出てきた。

仕組みはこうだ。利用者は一定額の給料を受け取る権利(債権)を給料日前に額面より安く業者に売り、現金を入手。給料の受け取り後、額面通りの現金を支払って債権を買い戻す。実質的には、安くした分を利子にして業者から金を借りているのと同じ構図だ。差額は業者の利益となり、年利換算で1千%近くに及ぶケースもあるという。

東京地裁で1月21日、都内の給料ファクタリング業者が不払いの利用者を訴えた民事裁判があり、業態の違法性が浮かび上がった。

裁判長は業者の「支配人」を務める男性に対し、「法律上、会社に請求できない債権を譲り受け、利用者に請求する根拠は」とただした。労働基準法では、給料は雇用主が労働者に直接支払うと定めており、第三者である業者に支払うことはできない。業者はこれを逆手にとり、利用者から取り立てている形だ。

 支配人が答えに窮していると、裁判長は「借りたものを返せといっているのと同じでは」「債務者は(給料を支払う)会社でしょう」「合法かどうかには関心がないんですか」などとたたみかけた。

 支配人は「給料ファクタリングはそういう仕組みでやっている」「債権者として回収を行うのは当然」などと返したが、最後は答えに詰まり、裁判は結審した。

 企業向けのファクタリング業者らで作る「日本ファクタリング業協会」には、昨年5月ごろから個人からの被害相談が入り始めた。「真夜中に自宅に取り立てが来た」「勤務先にまで電話がかかってきた」「携帯電話の電池がなくなるまで着信が続いた」……。相談件数は10月までに約200件にのぼり、その後も1日に3~5件はある。

 業者側は給料ファクタリングは貸金ではなく債権の売買だと主張するが、この問題に詳しい山川幸生弁護士(東京弁護士会)は「ヤミ金の再来だ」と話す。ヤミ金への規制が厳しくなり、抜け道としてファクタリングに目をつけた可能性があると指摘する。貸金だとすれば貸金業法や出資法などに抵触するといい、「まずは金融庁がはっきりと見解を示してほしい」と話す。

くれぐれも違法な業者にはご注意下さい。

ファクタリングについてのご相談はこちら♪

新型ヤミ金について

2010年6月、多重債務者問題が社会問題化し改正貸金業法が完全施行された。
多重債務者の数は、統計上大幅に減少したが、貸金業者の多くが廃業、貸出残高は激減し、その結果、短期の資金繰りをノンバンクなどに依存していた中小零細事業者は、資金の借り先が減少した。
その間隙を縫ってはびこっているのが、新型のヤミ金と言われる違法貸金業者です。

新手のヤミ金手口としてファクタリングを装ったヤミ金業者が摘発されたと産経ニュースと時事通信が報じています。

企業の資金調達に用いる金融取引「ファクタリング」を悪用し、高額な手数料を徴収するヤミ金が横行している。
実態は資金繰りに苦しむ中小企業に法外な高金利で貸し付ける手口で、大阪府警は1月、貸金業法違反容疑で、ファクタリングを装ったヤミ金業者を全国で初めて摘発したが、業者の実態は不透明な部分が多く、被害の全容は判然としていないという。

違法性の判明恐れ

「分割返済を交渉してほしい」

1月中旬、多重債務者の支援団体「大阪クレジット・サラ金被害者の会」(大阪いちょうの会)でヤミ金対策委員長を務める前田勝範司法書士のもとに、札幌市の食品販売会社から相談が寄せられた。
同社は資金繰りが悪化し、昨年12月、「ファクタリング」をうたった業者からの電話勧誘に応じてしまっていた。

正規の業者なら企業の債権を買い取って代金を回収するが、この業者は取引先への未収金(売掛債権)100万円を担保に30万円を同社に貸し付けた。同社は利息を含め40万円を返済したが、追加で借りた約77万円のうち約53万円が返せず、返済を迫られていた。

融資とすれば法定金利の10倍以上で、明らかに違法な高金利のため、前田司法書士は「無登録の貸金業に当たり、出資法に違反する高金利だ」と判断。取引を中止し、支払い分の返還を求める文書を業者に送ると、素直に従ったという。

業者側とは電話やファクスでやりとりしたが、所在地などは不明のままだ。「ファクタリングを隠れみのにしたヤミ金の“確信犯”。争えば違法性が明らかにされると考え、素直に応じたのだろう」。前田司法書士はこう推測する。

「何度も貸し付け」

金融関係者によると、ファクタリングはもともと、中小企業の資金繰り支援策としてリース会社などが手がけてきた。企業側にとっては債権を取引先からの支払日より早く現金化できるなどのメリットがある。

ただ、ファクタリングは融資でなく、取引手数料にも明確な規制がない。このため、法規制が厳しくなったヤミ金業者がファクタリング業者に衣替えし、手数料名目で高い金利を取るケースが増えているという。

正規のファクタリング契約では、債権譲渡を取引先に知らせる「債権譲渡通知書」も作成するが、悪徳業者はこの通知書も悪用するようだ。「返済できなければ取引先に通知書を送る」と企業側に圧力をかけ、何度も貸し付けるという。

捜査関係者は「資金繰りが苦しい企業は、途中でヤミ金だと気づいても、すぐに資金が必要なため業者から借りてしまう」と話す。

「手口も使い回し」

府警が今年1月に摘発した2業者の中には、ヤミ金で逮捕歴のある人物も含まれていた。2業者は全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたという。

府警幹部は「金が用意できなければ利息分だけを払わせ、元金返済を先延ばしにする『ジャンプ』と呼ばれる手口を使うなど、ヤミ金そのもの」と
指摘する。

府警は全国で同様の被害が相次いでいるとみているが、新たな手口だけに詳細はつかめていないという。今後も摘発を通じて実態解明を進める方針だ。
(2017.2.14 産経ニュースより)

正規のファクタリングとは?

当社のホームページをみて頂いてもわかるように正常なファクタリングの場合、あくまで売掛債権の買い取りなので融資にはなりません。
ヤミ金業者は年々やり方を変え、あの手この手で接近してきます。
ヤミ金業者だと分かった上で利用しないと会社が回らまいと言う事業者様がいるのも事実です。
しかし、ヤミ金業者を利用してその場を凌いでも、必ず資金ショートしてしまいます。終わりのないヤミ金を利用しているのだから当然です。
正規のファクタリングには終わりがあります。家族、従業員を抱える経営者として計画的にファクタリングを利用し資金調達しましょう。
くれぐれも甘い言葉に騙され新型ヤミ金など利用しないようにご注意ください。

お問合せはこちら♪

ファクタリングをご検討中の方へ

事業をしていると必ず必要となる資金調達です。

資金調達は金融機関からの「融資」だけではありません。

当ブログをご覧になられている経営者様はすでにファクタリングをご検討されていると思います。
今現在ファクタリング会社は100社以上有りここ5~6年で数十倍になりました。当然、正規の業者ではない悪徳業者も多数います。
そこで今回はファクタリング業者の選び方を簡単にご説明したいと思います。

ファクタリング会社はどこがいいのか?

「比較サイトを見てもわからない」という方はとても多いと思います。
ランキングはあくまでサイト作成者から見てのランキングということ!
見ている方にとってそれが一番いいとは言えません。
初めてファクタリングをご利用する際に簡単にチェックできるポイントをご紹介いたします。

まずお客様の事業所の地域がファクタリング会社のエリアかどうか確認しましょう。
福岡の事業者様が関東のファクタリング会社と契約する場合まず交通費が掛ります。少しでも無駄を省くために福岡の事業者様は福岡のファクタリング会社、関東の事業者様は関東のファクタリング会社に相談するのが基本です。
交通費無料であったり支店があるファクタリング会社もありますので比較サイトだけではなくホームページも確認しましょう。

次にファクタイング会社がちゃんと存在するかを確認しましょう。
・ホームページの会社概要が載っているか?
・住所がレンタルオフィスではないか?
・手数料の表示があるか?
などチェックしてみましょう。
会社概要などを見ていくと資本金の表示があると思います。資本金が多い業者は資金力もあり安心して相談できると思います。

次に大事なのは手数料ですね。

きちんと契約する前に手数料の確認をしましょう。
当社では他社でお見積りされ、条件が合わなかったお客様にお見積りよりもお安くご契約できるよう営業努力をしております。
ファクタリングは銀行融資などと比べると手数料が割高になりますので毎月利用するのではなく本当に必要なときに必要な金額だけ利用するようにしましょう。

最後に登記についてですがファクタリング会社によって登記を必ず入れないと契約できない会社と登記保留でも契約できる会社があるので必ず契約前に確認が必要です。
ファクタリング会社によっては登記を入れる費用がお客様負担のところもあります。 又、登記を入れるのは無料でも支払いが終わって登記を外す時に費用を請求してくる業者もあります。15000円~30000円取られますので必ず確認するようにしましょう。

ファクタリングZEROでは西日本エリアを中心に九州から大阪までをカバーできるよう日々精進しております。
他社様をご利用中のお客様も初めてファクタリングをご利用されるお客様も是非一度ご相談ください。

「親身に寄り添うファクタリング」を心がけ事業者様のお力になれるように努力いたします。

お乗換えはこちら♪

お問合せ♪